Technical Report 技術情報 帝国インキTop Pageへ
Title : MIR-41000ミラーシルバー
         (ポリカーボネート、処理PET用超光沢インキ)
Vol.143 2008年10月

MIR-41000ミラーシルバーは、ポリカーボネート、処理PET素材に対する印刷適性の優れたスクリーン印刷用ミラーインキ(鏡面インキ)です。
塩酢ビ系樹脂を使用していない為、人体・環境に優しいインキ設計となっております。メッキ代替として環境面、コスト面でメリットがあり、家電製品、携帯電話、その他の製品への展開が出来ます。

用  途

*各種ポリカーボネート、処理PET素材への印刷で、ホットスタンプ箔や蒸着フィルム、メッキの代替に適しています。
*家電製品の表示パネル、携帯電話のテンキー、メンブレンスイッチ、その他の製品への展開が出来ます。



家電製品の表示パネル(上)の淵部分。メッキのような光沢を表現しています。



メッキ工法と違い、印刷による加飾のため、金属調と色との組み合わせも可能です。


特  徴

*印刷適性に優れる
従来のミラーインキ(鏡面インキ)と比較してチキソ性が高く印刷に適した粘度であり、印刷適性に優れています。抜き文字、凸文字等の印刷パターンにも適しています。
*優れた鏡面形成、印刷適性とコストダウン
当社MIR-8100ミラーシルバーと比較して鏡面形成、印刷適性に優れ、コスト削減が期待出来ます。
*環境に優しい
メッキのような有害物質や塩酢ビ系樹脂を使用していない為、環境に対する安全性が高い。

稀釈/洗浄

*基本的に稀釈は不要です。必要な場合は、C-002溶剤を御使用下さい。
接着性、鏡面性、その他に悪影響を及ぼすので、他の溶剤は使用しないで下さい。
*版などの洗浄は、弊社『スクリーン洗剤N』を御使用下さい。


印  刷

*MIR-41000ミラーシルバーの印刷条件は下記の通りです。

刷版T-300メッシュ
稀釈剤稀釈は必要ありません。そのまま稀釈せずに印刷出来ます。
乾燥条件80°C・30分(強制乾燥)
硬化剤 硬化剤は必要ありません。そのまま印刷出来ます。
但し、難接着基材への印刷、成形用途の場合は硬化剤を添加します。
難接着基材に印刷する場合は、106硬化剤を使用します。
硬化剤添加量は、インキ:106硬化剤= 100:1です。
成形用途の場合は、200硬化剤を使用します。
硬化剤添加量は、インキ:200硬化剤= 100:3です。
*インキ成分の一部が経時で分離する事があります。御使用前にインキを十分に攪拌して下さい。
*T-300メッシュで印刷した際のマイレ−ジは、約40〜50m2/kgが目安となります。
*ミラーインキ単体でも基材に接着しますが、傷防止や光沢度・耐性向上の為にも、必ず押え印刷を行って下さい。
*押えインキには『MIBインキシリーズ』を御使用下さい。
*ミラーインキの膜厚が3µm以上になると、押えインキとの間で層間剥離を起こす場合があります。
*スキージ硬度は70〜75度が最適です。また、スキージの角度は70〜80度が最適です。

乾  燥

*加熱乾燥をして下さい。加熱乾燥温度と時間は、80°Cで30分の乾燥が必要です。
*ミラーインキを乾燥しないままMIBインキを押え印刷し、乾燥させると層間剥離を起こす場合があります。


押えインキ

MIR-41000ミラーシルバー単体でも基材に密着しますが、傷防止や光沢度、耐性向上の為にも必ず押え印刷を行って下さい。押えインキの推奨インキは『MIBインキシリーズ』です。
MIBインキシリーズ

刷版T-250〜300メッシュ
稀釈剤 F-002、F-003溶剤・15%稀釈(推奨)
接着性、鏡面性、その他に悪影響を及ぼすので、他の溶剤は使用しないで下さい。
乾燥条件80°C・30分以上
使用硬化剤240硬化剤
硬化剤添加量インキ:240硬化剤=100:10
設定色についてはMIBインキシリーズのカタログをご参照下さい。
MIBインキは調色も承っております。御利用の際は是非御用命下さい。

注  意

*必ず予備試験を行い、鏡面性と接着性を確認した後、量産試験を行って下さい。
*印刷後はインキ粘度が上昇します。使用したインキは未使用インキに加えず、別の容器に移し入れ、C-002溶剤を添加して未使用インキ程度の粘度まで希釈して下さい。
但し、回収したインキを使用する場合は、事前に印刷物の仕上がり等を確認して下さい。


危 険 物

*危険物第四類第二石油類


安全な取り扱い

*皮膚や目を保護する為に、安全手袋や保護眼鏡を御使用下さい。もし、インキが皮膚に付着した場合は、石鹸などで充分に洗い流して下さい。また、目に入った場合は水(または微温水)で充分に洗い流した後、医師の診断を受けて下さい。
*使用後は容器を完全に密閉し、冷暗所に保管して下さい。
*SDSを用意しております。本製品を取り扱う前にSDSを御請求頂き御理解の上、使用者の責任において取り扱い下さい。



改訂:2008.7.18
帝国インキ製造株式会社 お問い合わせ:帝国インキ製造株式会社/研究所
TEL:03-3800-6760 FAX:03-3800-6603
E-mail:sale@teikokuink.com
HomePage:http://www.teikokuink.com/
Copyright (c) 2008 Teikoku Printing Inks Mfg.Co.,Ltd.