テクニカル・レポート
テクニカル・レポートダイジェスト バックナンバー   テクニカル・レポートトップ
No.117(2003.7)
   
  技術情報  
     
   
ダミー缶印刷用スクリーンインキ
(ダミー缶とその印刷用インキの特徴について)
     
     コーヒー、お茶、スポーツドリンク等の自動販売機が駅や町角に多数設置されており、ダミー缶と呼ばれている商品見本が展示されています。
自動販売機で展示されている商品見本は、消費者の購買意欲をそそる様、より美しく綺麗に見えることが要求されます、また、夜も綺麗に見える内照式での展示がなされています。
本物の製品を商品見本として用いると、直射日光等の影響により、色褪せ・黄変・劣化が起こります、そのため、展示物として製品により近い仕上がりで耐光性の優れるダミー缶が作成されております。
 今回は、ダミー缶の種類・特徴と、弊社のダミー缶用印刷インキの特徴について御説明いたします。
   


 
    1.ダミー缶印刷物に求められること  
   

ダミー缶は自動販売機の中に展示されている商品見本です,昼も夜も展示されたダミー缶がより、綺麗に見えることが要求されます。
ダミー缶印刷物には以下のような性能が要求されます。

 *より本物の製品に近い色相と形状であること。
 *昼も夜も、本物に近い仕上がりで見えること。
 *より鮮やかで、購買意欲をそそる仕上がりであること。





 
    2.ダミー缶印刷用インキに求められる性能  
    ダミー缶印刷用インキには次のような性能が要求されます。
 *耐候(光)性に優れること
 *耐熱性に優れること
 *加工適性に優れていること

ダミー缶の形状により打ち抜き加工性、金型成形性、真空成形性を有する。


 
    3.ダミー缶の形状  
       製品の形状に合せてダミー缶の作成を行います、コーヒー缶などは平面印刷物を単に丸め、巻きつけて作成します。お茶などのペットボトルは印刷後真空成形を行い半面立体計で、より本物の製品に近い形に仕上げております、主な形状を分類すると以下の様になります。

作成方法 シート状の印刷物を筒状の成形品に巻き付ける。 シートに印刷を行い、トリプルネックなどの簡単な型押しした物を成形品に取り付ける。 真空成形機により飲料水の缶、ペットボトルの半面立体成形物を取り付ける。



打ち抜き加工 良好 良好 良好
金型成形加工 良好
真空成型加工 良好
使用製品 缶コーヒーなど 350ml缶など ペットボトル等殆どのものに対応


 
    4.弊社ダミー缶用印刷インキ  
      弊社のダミー缶印刷用インキは使用するシートと目的に応じた、加工成形条件に対応して以下の様に設定されております。

印刷素材 PET 処理PET、PC、PC/PETG積層板
使用インキシリーズ EG VG・VS FOM
インキタイプ 溶剤1液型 溶剤1液型 溶剤1液型
特徴 各種PET原反への密着性を有する 処理PET及びPC原反への密着性を有する。 耐熱性・伸び性が優れ、真空成形加工に特にすぐれております。



打ち抜き加工 良好 良好 良好
金型成形加工 良好 良好 良好
真空成型加工 良好


 
ページトップへ

お問い合わせ:帝国インキ製造株式会社/研究所
TEL : 03-3800-6760 FAX : 03-3800-6603
E-mail : sale@teikokuink.com
Copyright(c)2004 Teikoku Printing Inks Mfg. Co., Ltd.