帝国インキ製造株式会社

メニュー

TECHNICAL REPORT

テクニカルレポート

バックナンバー一覧(1)
全4ページ [1] [2] [3] [4]

号数
(発行年月)
掲載内容
No.179
(2016.12)

自己修復クリアーのご紹介

商品に発生する使用傷を修復し、新品のような美しさを保つ自己修復クリアーをご紹介致します。

No.178
(2016.07)

高精彩インキ(高品位・高精細スクリーンインキ)の7つの便益をご紹介

「加飾性」「品質」「生産性(作業性を含む)」を大幅に向上させる高精彩インキの 7つの便益をご紹介。その全てが今まで不可能だったことを実現したものです。

No.177
(2016.07)

高品位・高精細スクリーンインキ(高精彩インキ)のご紹介

細線だけでなく、面・グラデーションなども 同時に高精度に印刷可能な業界初の 「高品位・高精細スクリーンインキ(高精彩インキ)」をご紹介致します。

No.176
(2016.05)

光学特性を自由に制御し視認性を向上。MIX-HFのご紹介

アンチグレア(低反射)機能と高い透明度の両立により ディスプレイの視認性を向上させるMIX-HFインキをご紹介致します。

No.175
(2015.09)

加飾シートと成形樹脂の両方にPP樹脂を使用したフィルムインサート成形(FIM)のご紹介

PP加飾フィルムとPP樹脂を強固に接着するIMB-HF007 PPバインダーにより、 PP樹脂成形製品のフィルムインサート成形(FIM)が可能となりました。

No.174
(2015.07)

ガラス用ミラーインキ(鏡面インキ)のご紹介

ガラス用ミラーインキ MIR-61000 ミラーシルバーは、 ガラスへの優れた印刷適性と鏡のような美しい鏡面性を両立するスクリーンインキです。

No.173
(2015.04)

成形性と高い傷耐性を両立するマットクリアーのご紹介

成形性と高い傷耐性を実現した FLG-HF G05 マットクリアーをご紹介致します。

No.172
(2014.08)

高い隠蔽性の黒色と非導電性を両立する技術のご紹介

高隠蔽と電子機器に対応する非導電性を両立する墨インキの技術をご紹介致します。

No.171
(2014.05)

100度から120度という低温乾燥でガラスの加飾を実現

ハードコート用インキMRX-HFインキシリーズを 低温乾燥可能なガラス基材用インキとして応用する技術をご紹介致します。

No.170
(2014.04)

優れた塗膜柔軟性と高い耐性の両立のご紹介

深い絞り成形仕様に対応可能な高い塗膜柔軟性と優れた耐久性を両立する技術のご紹介。 この技術は、高い耐光性が求められる自動販売機の商品見本のダミー缶にも利用されています。

No.169
(2014.01)

非導電メタリックインキのご紹介

メタリックデザインと非導電性の両立を実現。これによりスマートフォン等の電子機器への メタリック調デザインの付与が可能になります。

No.168
(2013.10)

高隠蔽墨と高隠蔽白による印刷工程の効率化のご紹介

スマートフォンの窓枠に利用することで、 高級感の演出に貢献するガラス基材用の高隠蔽墨・白インキです。

No.167
(2013.10)

高い反射率の鮮やかな白色の実現

高い反射率による眩いほどの美しい白色を実現する技術をご紹介致します。

No.166
(2013.08)

オーバーコートクリアーによる高い耐候性の実現

オーバーコートクリアーとの組合わせにより 優れた耐候性を実現する VKインキシリーズをご紹介致します。

No.165
(2013.04)

印刷品質向上のための硬化剤一覧のご紹介

印刷品質の向上のために、使用インキ・印刷環境・期待する塗膜物性に合った 最適な硬化剤をご紹介致します。

No.164
(2013.02)

優れた耐傷性とデザイン性を両立させる技術のご紹介

ポリカーボネート素材やポリエステルフィルムの表面の デザイン性と保護を 両立するUV TAF(A)クリアーをご紹介致します。

No.163
(2012.08)

IR透過機能とデザイン性を両立させる技術のご紹介

ガラス基材用インキGLS-HFインキシリーズと IR透過インキIRX-HFインキシリーズの組合せにより、 タッチパネル上でIR透過機能と自由なデザインを実現します。

No.162
(2012.06)

両面テープの代替よりフラットパネル製造の効率化を実現 UV粘着剤のご紹介

フラットパネルの製造で両面テープを使用する工程は 工程数の問題や廃棄物の問題を抱えています。 しかし、両面テープをUV粘着剤に代替することで これらの問題を解決することが可能となります。

No.161
(2012.04)

高い透明度によりクリアーとしての用途が広がる MIX-HFのご紹介

MIX-HF は、 従来以上に「高い透明性」と 「優れたレベリング性」を 実現致しました。この高い透明性により、透明性が求められる 光学部品などへの 利用も可能となります。

No.160
(2012.02)

曇りのない鏡面と塗膜耐性の向上を実現MIX-HFのご紹介

ミラーインキ(鏡面インキ)の保護層として印刷する事で、 曇りの無い鏡面と耐傷付き性などの塗膜耐性の向上を実現させる MIX-HFをご紹介します。

No.159
(2011.11)

透明感のある鮮やかな色彩を鏡面上に実現するTOC-HF

TOC-HFは、 ミラーインキ(鏡面インキ)を重ね印刷することにより 透明感のある鮮やかな色彩を鏡面上に実現します。

No.158
(2011.09)

ハロゲンフリー高透明成形用インキ 透明インキTOC-HFのご紹介

澄んだ水のような透明感のあるデザインを実現する 透明インキ(ハロゲンフリー高透明成形用インキ) TOC-HFをご紹介します。

No.157
(2011.07)

安全・節電対策に応用が可能なN夜光蓄光インキのご紹介

蓄光インキとは、光を吸収し発光する機能を持たせたインキです。 今回は、発光時間が非常に長い 「N夜光蓄光インキ」をご紹介します。

No.156
(2011.05)

ガラス基材にメタリック調の加飾

有機系インキGLS-HFの豊富なカラーバリエーションを メタリックと組み合わせた新しい加飾をテーマにご紹介します。

No.155
(2011.04)

高隠蔽の加飾によるガラス基材の高付加価値化

ガラス基材用GLS-HF 高隠蔽墨(GLS-HF979墨)、高隠蔽白(GLS-HF679白) の優れた隠蔽機能をご紹介します。

No.154
(2011.02)

IR透過機能によるタッチパネルガラスの高付加価値化

ガラス基材印刷用二液型ハロゲンフリーインキGLS-HFとIR透過機能の組合せについて解説します。

No.153
(2011.01)

FIM/IMD講座 最終回:インジェクション工程のご説明

フィルムインサート成形(FIM/IMD)の3つの工程の第3の工程である 「インジェクション工程」について解説します。

No.152
(2010.11)

FIM/IMD講座 第3回:フォーミング工程のご説明

フィルムインサート成形(FIM/IMD)の3つの工程の第2の工程である 「フォーミング工程」について解説します。

No.151
(2010.10)

FIM/IMD講座 第2回:スクリーン印刷工程のご説明

フィルムインサート成形(FIM/IMD)の3つの工程の最初の工程である 「スクリーン印刷」について解説します。

No.150
(2010.09)

FIM/IMD講座 第1回:FIM/IMDのメリットと3つの工程

フィルムインサート成形(FIM/IMD)の仕組みと機能について、 4回の連続した技術講座としてご紹介します。

No.149
(2010.06)

豊富なカラーバリエーションをガラス上に実現する GLSーHFのご紹介

ガラス基材に対して 「環境安全性」 「デザインの多様性」 「優れた耐久性」と「作業性の向上」を 同時に実現する ガラス基材印刷用二液型 ハロゲンフリーインキをご紹介します。

No.148
(2009.12)

ハロゲンフリー環境対応ニ液型 インサート成形用インキとバインダーのご紹介

原材料にハロゲン(塩素Cl、臭素Br)化合物、 ベンゼン・トルエン・キシレン・イソホロン等の環境負荷物質を 含まない 成形用インキとバインダー です。

No.147
(2009.09)

非導電墨インキと漆黒墨インキのご紹介

1.塗膜が高い電気抵抗特性を有する非導電墨インキ
2.深みのある黒色により高級感を付与する漆黒墨インキ
の2つの機能性墨インキをご紹介します。

No.146
(2009.06)

IR透過インキと機能を利用した「隠し印刷」のご紹介

製品のデザイン性・機能性に大きなバリエーションを付与することができる IR透過インキとその機能を利用した「隠し印刷」についてご紹介します。

No.145
(2009.04)

高輝度MIR-51000ミラーシルバーのご紹介

MIR-51000ミラーシルバーは、ポリカーボネート、処理PET素材に対する印刷適性の 優れたスクリーン印刷用ミラーインキ(鏡面インキ)です。

No.144
(2008.12)

高輝度MIR-41000ミラーシルバーのご紹介

MIR-41000ミラーシルバーは、ポリカーボネート、処理PET素材に対する印刷適性の 優れたスクリーン印刷用ミラーインキ(鏡面インキ)です。

No.143
(2008.11)

新開発の高輝度MIRインキのご紹介

新開発の高輝度MIRインキ(鏡面インキ)を写真を使ってご紹介します。 鏡のような光沢をぜひご確認ください。

No.142
(2008.09)

ミラーインキによるメッキ代替のご紹介

ミラーインキ(鏡面インキ)によるメッキの代替は、環境・コスト面でメリットがあります。 また、ミラーインキを使用することで、メッキでは実現出来なかった材質・デザインにも 金属調の加飾が可能となります。

No.141
(2008.06)

ハロゲンフリー環境対応インサート成形用バインダー 「IMB-HF006バインダー」

原材料にハロゲン(塩素Cl、臭素Br)化合物を使用せず、イソホロン等の環境負荷物質を含まない、環境対応のインサート成形用バインダーインキです。

電話でのお問い合わせ

03-3800-9911

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日を除く)

PAGE TOP