製品名 : PS スクリーンインキ (二液反応型金属、ガラス用インキ)

製品概要

PSインキは、二液反応型スクリーンインキで金属、ガラス、セラミック、プラスチック(一部)等幅広い材質に対し、密着性の強い塗膜が得られます。然も耐熱性が有り、一般の化学薬品にも侵されません。

■ 特徴

超光沢の仕上りが得られます。
印刷適性に優れシャープな画線が得られます。
幅広い材質に対して密着します。
一般の化学薬品に対して良好な耐性があります。
耐熱性があるのでソルダーレジストにも使用できます
常温、加熱のどちらでも硬化します。

■ 用途

アルミニウム、真鍮等の金属及び金属塗装板、ガラス、処理ポリエチレン、処理ポリプロピレン他

■ 設定色

000メジウム 182赤 277赤黄 611白(B) 911墨
002エキステンダー 221黄 391藍 611コンク白 911墨(B)
161紅 263赤黄 577朱 791草  
171紅赤 271青黄 581牡丹 821紫  
177赤   611白 871茶  

■ 消防法・危険物表示

危険物第四類第二石油類
▲このページのトップへ

使用方法

■ 稀釈/硬化剤混合/洗浄

消泡剤などが経時で分離する事があります。ご使用前にインキを十分に撹拌して下さい。
PSインキの稀釈溶剤としては、以下の溶剤を目的に応じてご使用下さい。
C-001 溶剤(早口)
C-002 溶剤(標準)
C-003 溶剤(遅口)
C-004 溶剤(超遅口)

接着性、ブロッキング性、その他に悪影響を及ぼすので、他の溶剤は使用しないようにして下さい。
稀釈量は、15〜30%位で調整して下さい。
PSインキはインキと硬化剤に分かれており、印刷時に下記の割合で良く混合して下さい。
PS色インキ(全色):10に対してPS硬化剤:2
PSメジウム:3に対してPS硬化剤:1

PSインキは超グロスインキですが、マット硬化剤を使用する事によりマットにする事ができます。
印刷時に下記の割合で良く混合して下さい。
PS色インキ(全色):10に対してPSマット硬化剤:4
PSメジウム:3に対してPSマット硬化剤:2
硬化剤を混合したインキは8時間以上過ぎるとゲル化しますので、当日使用分だけを混ぜて下さい。
版などの洗浄には、当社のスクリーン洗剤(N)又は、C-002溶剤をご使用下さい。

■ 添 加 剤

[ PS-G硬化剤とPS-G補強剤 ]

強化ガラスなどへの印刷時、PS(G)補強剤と合わせて使用すると接着性が向上します。
可使時間は3時間で、乾燥時間は130℃以上30分です。
添加量について: インキ:PS-G硬化剤:PS-G補強剤=100:30:3

[ PS補強剤 ]

ガラスへの印刷時に添加すると接着性が向上します。添加量は1〜2%が最適です。

[ PS-M 硬化剤 ]

反応速度を遅くしたい場合に御使用下さい。混合量は主剤10部に対してPS-M硬化剤3部の割合で良く混合して下さい。メジウムには3部に対して、1.5部添加して下さい。

■ 印刷

150〜300メッシュでの印刷に適しております。
250メッシュで、インキの使用量は、20〜25m2/kgです。

■ 乾燥/硬化

指触乾燥時間は1〜2時間です。加熱すれば80℃で30分、120℃で15分で硬化します。
自然乾燥でも、硬化はしますが目的の耐性が得られるまでに数日間必要です。
▲このページのトップへ

耐性/ 物性

■ 耐性

試験項目 試験条件 試験結果
接着性JIS K5600-5-6(クロスカット法)1mm幅で6×6, セロハンテープ剥離0(剥離なし)
引っ掻き硬度JIS K5600-5-4 (鉛筆法)、荷重750gで塗膜が傷の付かない硬度 H
耐煮沸性煮沸水道水中に8時間浸漬, 塗膜の外観変化と剥離の有無異常なし
耐中性塩水性JIS K5600-7-1 食塩飽和水溶液72時間浸漬, 塗膜の外観変化と剥離の有無異常なし
耐寒性冷凍庫 72時間, 塗膜の外観変化と剥離の有無異常なし
耐水性水道水 72時間浸漬, 塗膜の外観変化と剥離の有無異常なし
耐酸性10%塩酸 72時間浸漬, 塗膜の外観変化異常なし
耐アルカリ性10%水酸化ナトリウム 72時間浸漬, 塗膜の外観変化やや剥離
耐油性 マシン油 72時間浸漬, 塗膜の外観変化 異常なし
耐洗剤性 10%ノニオン系洗剤 72時間浸漬, 塗膜の外観変化異常なし
耐溶剤性 1 取出し直後接着不可, トルオール72時間浸漬 1日放置後異常なし
耐溶剤性 2 取出し直後接着不可, エタノール72時間浸漬 1日放置後塗膜の劣化あり
耐摩擦性 4Lbs(サザーランドラボテスター) 40回での色落ちの有無異常なし
耐屈曲性 JIS K5600-5-1(円筒形マンドレル法) 1.5mmφでのヒビワレの確認異常なし
耐エンボス性 JIS K5600-8-2(エリクセン試験機) 塗膜にヒビワレの発生する押し込み距離8mm
促進耐候性 サンシャインウェザーメーター BP温度 63±3℃ 降雨18分/120分 変褪色, 剥離の有無(500hr)
異常なし

■ 試験条件

インキ:PS-611白 PS硬化剤使用
原反:アルミ板
ボックス乾燥条件:80℃ 30分
備考:1日後のテスト

■ 特記事項

上記試験結果は弊社における試験結果であり製品性能を保証するものではありません。
貴社製作品の性能については、実際の製品にてご確認下さい。
さらに詳しい耐性データをご要望の場合は、弊社営業担当までお問い合わせください。
▲このページのトップへ

使用上の注意

■ 安全な取り扱い

SDSを用意しております。本製品を取り扱う前にSDSをご請求頂き、ご理解の上使用者の責任において取り扱いください。
SDSのご請求は、弊社営業担当までお問い合わせください。

■ 応急措置

皮膚や目を保護するために、安全手袋や保護眼鏡をご使用ください。もし、インキが皮膚に付着した場合は、直ぐに石鹸などで十分に洗い流してください。また、目に入った場合は水(または微温水)で十分に洗眼した後、医師の診断を受けてください。

■ 保管方法

容器を完全に密閉し冷暗所に保管してください。
▲このページのトップへ
改訂:2006.09.27
帝国インキ製造株式会社トップ お問い合わせ:帝国インキ製造株式会社/研究所
TEL:03-3800-6760 FAX:03-3800-6603
E-mail:saletki@teikokuink.com
HomePage:http://www.teikokuink.com/
Copyright (c) 2006-2017 Teikoku Printing Inks Mfg.Co.,Ltd.