製品名 : CAT-1300S 粘着剤 (スクリーン印刷用粘着剤)

製品概要

CAT1300S 粘着剤は、特殊アクリル系樹脂を主成分とした、スクリーン印刷用の感圧粘着剤です。反応硬化タイプの粘着剤で、粘着力、特に保持力が優れております。各種プラスチック、紙、金属等を基材とする銘板、ラベル、ステッカー等へのスクリーン印刷により自由なパターンの印刷ができ、部分的な粘着加工ができます。両面粘着テープによる作業にくらべ、貼り付け作業の省略、商品価値の向上など計り知れないメリットがあります。

■ 特徴

印刷適性、レベリング性が優れております。
粘着力が高く、特に保持力が優れており、かつ、耐性、耐候性に優れております。
低毒性の有機溶剤を使用しており、安全性の高いものとなっております。また、版上安定性にも優れております。

■ 用途

メンブレンスイッチ、各種銘板へのスクリーン印刷による感圧粘着剤塗布

■ 消防法・危険物表示

危険物第四類第二石油類
▲このページのトップへ

使用方法

■ 稀釈/洗浄

CAT1300S粘着剤はそのまま印刷できる粘度となっておりますが、気温が高く粘着剤が増粘した場合には、C-002溶剤を、1〜3%程添加して粘度調整を行ってください。
粘着性などに悪影響を及ぼすので、他の溶剤,添加剤は使用しないようにして下さい。
版などの洗浄には、当社のスクリーン洗剤(N)又は、C-002溶剤をご使用下さい。

■ 印刷

ご使用前にインキを十分に撹拌して下さい。
50〜100メッシュでの印刷に適しております。
ゾル膜を厚くし、パターン印刷をする方法などにより塗膜厚が25〜35µを目標にして、できるだけ膜厚を上げることを心掛けてください。

■ 乾燥/硬化

80℃20分以上の乾燥を行って下さい。印刷面積が大きい場合、換気が不十分な場合又気温が低い時などは十分な加熱乾燥が行われない場合が有ります。十分な乾燥を行うようにして下さい。性能の良いジェットドライヤーなどでの乾燥も可能です。十分な乾燥を行った後に、シリコーン樹脂加工された離形紙を貼り付けて下さい。

■ 留意事項

被印刷体及び接着体であるプラスチック基材では、可塑剤や離形剤が含有されており、思わぬ悪い影響を及ぼす場合が有ります。使用前には十分性能を確認の上御使用下さい。
印刷面の上への印刷:スクリーン印刷された印刷物へのCAT1300S粘着剤の印刷は、インキの種類、インキの乾燥不良によって、粘着力が著しく低下することも有りますので十分注意して下さい。
透明シートで裏印刷にされているものの上にCAT1300S粘着剤を印刷する場合、メタリック色、黒色などは、粘着剤の印刷により色相が微妙に変化する傾向にあります。この様なトラブルを防ぐためには、印刷物へペットフィルムなどのラミネート処理を行い、CAT1300S粘着剤を印刷することで解決できます。
粘着印刷物は乾燥後なるべく早く印刷面に離型保護紙を貼り合わせて、ゴミなどの付着を防止して下さい。
被着基材の表面は、転着前に水分、油分、その他の汚れを十分に取り除いて下さい。
ブリキ缶には粘着剤を入れないで下さい、ポリ容器、ステンレス容器を使用して下さい。(変色します。)
▲このページのトップへ

耐性/ 物性

■ 耐性/物性値

項目性状値
外観 淡黄色液体
固形分 50±2%
粘度 4000 ± 500cps
粘着力 g/25mm 90°Peel ABS 800g
90°Peel SUS 950g
180°Peel ABS 1300g
180°Peel SUS 2750g
保持力 1kg, 40℃ 1mm 以下
ボールタック 15
 
項目条件180°剥離強度
耐熱性 80℃ 200H 2150g
耐寒性 −20℃ 200H 2600g
耐水性 水道水 浸漬24H 2270g
耐酸性 2%H2SO4 浸漬24H 1900g
耐アルカリ性 2%NaOH 浸漬24H 1640g
耐洗剤性 マジックリン液 浸漬24H 1770g
耐油性 マシン油 浸漬24H 1690g
ウェザオメーター 200H 800g
ブランク 2750g

■ 試験条件

原反:25µPET
乾燥条件:100℃ 2分
備考:<熟 成> 23℃×65%RH24時間
<接着力> 貼り合わせ一日後 剥離速度300mm/min 対SUS
<保持力> 貼り付け面積 25×25mm 荷重1kg×1000分
<ボールタック> J.Dow法(23℃)

■ 補足資料

以下テクニカルレポートNo.104 より

[ 強粘着タイプ ]

強粘着タイプの代表的な製品としては両面粘着テープがあります、熱保持力も優れており工業用途をはじめ各種の用途に使用されております。両面テープは図-1の様に粘着剤の中心に不織布がありこの効果でトータルでの膜厚を大きくすることができ強粘着で保持力の優れた粘着性が発揮できるようになっております。当社のCAT粘着剤は両面粘着テープにほぼ匹敵する性能を発揮できる製品となっております。

[ CATシリーズ 性能比較 ]

性能の比較試料として次の製品を選びました。
両面粘着テープ :二社の両面粘着テープ
製品名 塗膜厚(µ) 粘着力gf/25mm 保持力 *1 ボールタック
A社 両面粘着テープ 140〜150 2200 0mm 10
B社 両面粘着テープ 100〜110 1800 0mm 10
CAT-1300S粘着剤 25〜30 2700 *2 0mm 8
CAT-1400S粘着剤 25〜30 2700 *2 0mm 8
保持力*1:1kg荷重で1時間荷重しての粘着剤のズレ幅 mm
粘着力*2: 凝集破壊

■ 試験条件

インキ:CAT-1300S,1400S粘着剤
原反:東洋紡PETフィルムE-5100 25µ
印刷条件:T-60メッシュ
ボックス乾燥条件:80℃ 30分 

[ 紫外線硬化型粘着剤 性能比較 ]

比較試料として次の製品を選びました。
●PET銀テープ
●塩ビステッカー
各製品は以下の様な粘着性能となっております。
製品名 塗膜厚(µ) 粘着力gf/25mm 保持力 *1 ボールタック
PET銀テープ 20-22 600 0mm 10
塩ビステッカー 20-22 1200 0mm <2
UV TAC-2600粘着剤 25-30 1000 0mm 6
UV TAC-2800粘着剤 25-30 1000 0.3mm 8
UV TAC-3000粘着剤 25-30 1100 0mm 8
UV TAC-4000粘着剤 10-15 1000 0.5mm 7
UV TAC-4100粘着剤 10-15 1100 0mm 2
UV TAC-00326剥離紙
粘着剤
25-30 1300 0.5mm 2
保持力*1: 1kg荷重で1時間荷重しての粘着剤のズレ幅 mm
粘着力*2: 凝集破壊

■ 試験条件

インキ:UV-TAC 2600, 2800, 3000, 00326, 4000,4100
原反:東洋紡PETフィルムE-5100 25µ
印刷条件:T-100メッシュ(UV-TAC 2600, 2800, 3000, 00326粘着剤)
 T-270メッシュ(UV-TAC 4000,4100)
硬化条件:メタルハライドランプ120×2灯、ベルトスピード10m/分

[ その他の粘着剤の性能比較 ]

比較試料として次の製品を選びました。
紙ラベル : 一般的な紙ラベル
各製品は以下の様な粘着性能となっております。
製品名 塗膜厚(µ) 粘着力gf/25mm 保持力 *1 ボールタック
紙ラベル 8-10 400 300g 9
DSF レギュラー(H) 8-10 600 300g <2
DSF ワニス 8-10 700 200g 2
保持力*1: 20分間で落下しない最大荷重

■ 試験条件

インキ:DSFレギュラー(H), DSF ワニス
原反:東洋紡PETフィルムE-5100 25µ
印刷条件:T-150メッシュ
乾燥条件:60℃ 10分 

■ 特記事項

上記試験結果は弊社における試験結果であり製品性能を保証するものではありません。
貴社製作品の性能については、実際の製品にてご確認下さい。
さらに詳しい耐性データをご要望の場合は、弊社営業担当までお問い合わせください。 
▲このページのトップへ

使用上の注意

■ 安全な取り扱い

SDSを用意しております。本製品を取り扱う前にSDSをご請求頂き、ご理解の上使用者の責任において取り扱いください。
SDSのご請求は、弊社営業担当までお問い合わせください。

■ 応急措置

皮膚や目を保護するために、安全手袋や保護眼鏡をご使用ください。もし、インキが皮膚に付着した場合は、直ぐに石鹸などで十分に洗い流してください。また、目に入った場合は水(または微温水)で十分に洗眼した後、医師の診断を受けてください。

■ 保管方法

容器を完全に密閉し冷暗所に保管してください。
▲このページのトップへ
改訂:2006.09.27
帝国インキ製造株式会社トップ お問い合わせ:帝国インキ製造株式会社/研究所
TEL:03-3800-6760 FAX:03-3800-6603
E-mail:saletki@teikokuink.com
HomePage:http://www.teikokuink.com/
Copyright (c) 2006-2017 Teikoku Printing Inks Mfg.Co.,Ltd.