トップページ > Q&A > 印刷・成形に関するQ&A
Q&A

印刷・成形に関するQ&A

ガラス基材への印刷についてのご質問

Q01 ガラス基材印刷用のスクリーンインキは何ですか?  また、その特徴は何ですか?
Q02 フラットパネル、タッチパネルの高付加価値化に関係する情報はありませんか?
Q02 フラットパネル、タッチパネルの製造コストの削減に関係する情報はありませんか?

 

その他の印刷・成形に関するQ&A

 

 

ガラス基材への印刷についてのご回答

Q01 ガラス基材印刷用のスクリーンインキは何ですか? また、その特徴は何ですか?

A

 

ガラス基材への印刷には、ガラス基材印刷用二液型ハロゲンフリーインキGLS−HFインキシリーズをお勧め致します。

GLS−HFインキシリーズの特徴は、 従来ガラス基板印刷に使用されていた無機系インキと違い有機系インキであることです。

そのため、GLS−HFは無機系インキ(焼成型インキ)が抱える「カラーバリエーションの不足」「環境負荷物質問題」等の課題を解決する優れた機能を持っています。

 

関係するテクニカルレポート:
No.149 : ガラス基材印刷用二液型インキGLS−HFのご紹介

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q02 フラットパネル、タッチパネルの高付加価値化に関係する情報はありませんか?

A

 

当社がご提供する技術によるフラットパネル・タッチパネルなどのガラス基材の高付加価値化をご紹介致します。

デザイン面から:
 ・ガラス基材上への多彩なカラーバリエーションの実現
 ・タッチパネルの窓枠に応用できる高隠蔽黒や高隠蔽白

機能面から:
 ・IR透過機能の付与
 ・非導電性墨による誤動作防止
 ・環境負荷物質の削減、等があります。

 

関係するテクニカルレポート:
No.163 : IR透過機能とデザイン性を両立させる技術
No.156 : ガラス基材にメタリック調の加飾
No.155 : 高隠蔽の加飾によるガラス基材の高付加価値化
No.154 : IR透過でタッチパネルガラスを高付加価値化
No.147 : 非導電墨インキと漆黒墨インキのご紹介

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q02 フラットパネル、タッチパネルの製造コストの削減に関係する情報はありませんか?

A

 

フラットパネルディスプレイの製造工程において、機能性フィルムやパネルの汚れや傷を防ぐ保護フィルムなどの接着に両面テープが使用されています。この両面テープを当社がご提供するUV粘着剤に代替することで、製造コストの削減につながる可能性があります。

なぜなら、この両面テープによる接着は、「接着面に合わせた両面テープのカット」と「両面テープの接着」「剥離紙の除去」など多くの工程が必要になります。また、剥離紙や接着面に合わせる際の余剰部分などの廃棄物の問題も発生します。

しかし、UV粘着剤を利用することで、工程数の問題と廃棄物の問題を同時に解決することが可能となるからです。

 

関係するテクニカルレポート:
No.162 : 両面テープの代替よりフラットパネル製造の効率化 UV粘着剤のご紹介

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

 

 

 

お問合せ

詳しい資料をご用命の際は以下へご連絡下さい。

帝国インキ製造(株)
受付時間:9:00〜18:00
(土・日・祝日を除く)
TEL:03-3800-9911
FAX:03-3800-9919
お問合せフォーム お問合せフォーム