トップページ > Q&A > 印刷・成形に関するQ&A
Q&A

印刷・成形に関するQ&A

射出成形についてのご質問

Q01 塗膜と樹脂を無理にはがした時、はく離面を見ると、片面にインキが残る場合と、両面にインキが残る場合があります。これは何故ですか?
Q02 樹脂と塗膜が剥がれてしまいました。どうすれば良いですか?
Q03 今まで接着していたのに、急にはく離が発生します。どうすればよいのでしょうか?

 

 

 

射出成形についてのご回答

 

Q01 塗膜と樹脂を無理にはがした時、はく離面を見ると、片面にインキが残る場合と、両面にインキが残る場合があります。これは何故ですか?

A

 

インキが原反面のみに残る場合は、成形樹脂との密着が悪く、成形樹脂面に残る場合は、インキが原反に密着していない「界面はく離」の状態です。

また、原反面と樹脂面にインキが残っている場合は、原反、樹脂への密着は良好だが、塗膜自身に破壊が起きている「凝集破壊」の状態です。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q02 樹脂と塗膜が剥がれてしまいました。どうすれば良いですか?

A

 

樹脂とインキ塗膜、原反が適応していない可能性があります。弊社営業に御一報ください。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q03 今まで接着していたのに、急にはく離が発生します。どうすればよいのでしょうか?

A

 

以下のポイントをチェックしてください。

@塗膜の膜厚
・バインダー層の膜厚が低いと密着が弱くなる傾向があります。

A塗膜の乾燥条件
・充分に乾燥していないと、塗膜の強度が弱くなり、凝集破壊が発生します。

Bインキ及びバインダーに消泡剤などの添加剤を入れていないか?
・消泡剤等の添加剤を入れた場合、樹脂との密着が悪くなる傾向があります。

C成形時の樹脂温度
・樹脂温度が低いとバインダーや塗膜が溶けずに密着不良を起す可能性があります。
・樹脂温度、金型温度を高めに設定してください。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

 

お問合せ

詳しい資料をご用命の際は以下へご連絡下さい。

帝国インキ製造(株)
受付時間:9:00〜18:00
(土・日・祝日を除く)
TEL:03-3800-9911
FAX:03-3800-9919
お問合せフォーム お問合せフォーム