トップページ > Q&A > スクリーン印刷・成形に関するQ&A
Q&A

スクリーン印刷・成形に関するQ&A

スクリーン印刷についてのご質問

 

 

スクリーン印刷についてのご回答

スクリーン印刷について

Q05 スクリーン印刷とは何ですか?

A

 

スクリーン印刷とは、孔版印刷の一種で、「パターン支持材として紗を用い、その上に作られた版画像を通してスクリーン印刷インキを被印刷体に転移させ画像複製を行う技術の総称」とされています。

被写体については、空気と水以外の物すべてに印刷が可能であるとされています。もちろん、平面だけでなく、曲面、特殊形状、成形品にも印刷が可能です。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q01 墨インキを重ねた際にピンホール状に透けてしまいます。どうすれば良いでしょうか?

A

 

ピンホール状に透ける原因として
 @一層目の膜厚が薄い。(5μ以下)
 Aインキの稀釈率が多い。(20%以上)
 Bスキージ圧が強い。
 C下地がメジウムベースの薄い色である。
などの複合的要素が考えられます。チェックしてください。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

乾燥について

Q02 乾燥はどれくらいすれば良いのでしょうか?

A

 

多色印刷の場合、一色毎の乾燥は各インキの一次乾燥条件で乾燥し、一液インキは最終色印刷後、二液インキはバインダー印刷後に、各インキの最終乾燥条件に従って加熱乾燥して下さい。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q03 なぜ中間乾燥と最終乾燥があるのですか?

A

 

射出成形時に残留溶剤があると、密着不良やインキ流れを誘発します。その為、中間乾燥条件でスクリーン印刷終了後、最終の乾燥を必ず行って残留溶剤を飛ばす必要があります。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

Q04 中間乾燥を長くしたら、ピンホールやクラックが発生しました。どうすれば良いのですか?

A

 

一液型の場合、中間乾燥が長いと下地インキに重ねインキの溶剤が急速に染み込み、ピンホールを発生させる可能性があります。

二液型の場合は、中間で加熱乾燥し過ぎると硬化反応が進み、重ねインキをスクリーン印刷した際に、塗膜が膨潤してしわが発生します。それがクラック状に見える場合があります。
対策として、中間乾燥時間を短くする事を行って下さい。

 

▲ご質問一覧に戻る

 

 

 

 

お問合せ

詳しい資料をご用命の際は以下へご連絡下さい。

帝国インキ製造(株)
受付時間:9:00〜18:00
(土・日・祝日を除く)
TEL:03-3800-9911
FAX:03-3800-9919
お問合せフォーム お問合せフォーム