帝国インキ製造株式会社

メニュー

EVENT

イベント情報

第27回ファインテックジャパン 出展レポート

開催概要

エヌプラス ロゴ

「第27回ファインテックジャパン」は、電子ディスプレイ、有機エレクトロニクス(有機EL、固体照明、有機太陽電池)、 IoT機器の開発・製造に関する技術が一堂に会する総合技術展です。

当社は、2016年7月に発表した高精彩インキ(高品位・高精細スクリーンインキ)、センサー対応インキ(センサーインキ)を 中心に最新の印刷・インキの技術をご紹介致しました。

期 間: 2017.04.05 ~ 04.07
会 場: 東京国際展示会(東京ビックサイト)
公式HP: http://www.ftj.jp/ja/Home/

FineTech

出展内容のご紹介

1. センサー対応インキ(IR透過インキ)のご紹介

IR透過インキとは:

IR透過インキとは、赤外線(IR)のみを通し、その他の可視光(目に見える光)や紫外線(例:太陽光)を遮断するインキです。 透明のシートに印刷することにより形成した塗膜は、赤外線以外を通さないため、リモコンの受光部や、携帯電話の赤外線受信部に使用されます。

高精彩インキのカラー分解の比較

 

例えば、下図のようにIR透過インキをスマートフォンのIR受光部に使用することで、シームレスなデザイン(継ぎ目のないデザイン)が可能となります。

高精彩インキのカラー分解の比較

 

 

IR(赤外線)以外の様々な波長光に対応可能なセンサー対応インキ:

IR透過インキは透過させる波長光を調整することで、様々なセンサーの受光部に使用可能なセンサー対応インキとなります。

 

IR センサー用インキ

用途:リモコン、IR データ転送
要求:850nm が中心、50% 以上

白色 IR 透過インキ

実現が困難であった白色での IR 透過を東レPICASUSR125-QP4A との組合せにより実現。
低ヘイズ、低反射による透明性も同時に実現。

人感センサー用インキ

用途: 近辺の人や障害物の有無を感知。IR 発信機と受信機が1セット。
要求: 940nm、950nm、1200nmで80% 以上低ヘイズ、低反射による透明性

眼紋認証センサー用インキ

用途: 特定ランプを顔にあて、目から射した光を感知
要求: 940nm、950nm、1200nm で 80% 以上

カメラセンサー用インキ

用途: カメラ焦点決め
要求: 850nm が中心で 75% 以上。低ヘイズ、低反射による透明性

環境の熱センサー用インキ

用途: 近辺環境の熱を感知するセンサー
要求: 850nm が中心で 75% 以上。低ヘイズ、低反射による透明性

環境明暗対応センサー(ALS)用インキ

用途: 環境明暗を感知し、周囲電気や画面の明暗を調整
要求:850nm が中心で 75% 以上。低ヘイズ、低反射による透明性

 

使用例:

スマートフォン、自動車

 

各機能の透過チャート
インキの透過波長を制御することで、センサー機能とデザイン性の両立が可能となります。
高精彩インキのカラー分解の比較

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

2. 高解像度カラー分解によるコスト削減のご提案

10版10工程を5版5工程に。製版費・作業費の大幅削減:

通常、イラスト画像や写真画像の印刷をスクリーン印刷で行う場合、画像の色相に合わせた色を重ね合わせて印刷を行います。 そのため、色数が多ければ、版数·工程数が増え、コストが上がります。

しかし、高精彩カラー分解インキでは、4 色で同様の高解像度画像が再現できるため、版数や工程数を削減出来、 低コストでイラスト画像や写真画像の印刷が可能になります。

使用例:

高解像度画像印刷

 

従来インキ(上)と高精彩インキ(下)のカラー分解印刷工程の比較。
従来インキ(上)では、10製版10工程が必要となります。
一方、高精彩インキ(下)では、その半数のわずか5製版と5工程で完成しています。
高精彩インキのカラー分解の比較

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

3. 高い印刷品質と優れた作業性を持つガラス用インキのご紹介

ガラス用高ダインインキの優れた特徴:

・塗膜のダイン値が42以上と高く、安定した塗膜を実現します。
・そのため、各種ボンドや両面テープを使用する後加工性にも優れます。
・従来のガラス用インキ(150°C) と比較して低温(120°C)で乾燥可能です。
・MEK、アセトン等に対して優れた耐溶剤性を発揮します。
・流動性、チキソ性の調整により端面がシャープな印刷が可能です。

使用例:

スマートフォン、タッチパネルの窓枠の加飾

 

優れた印刷端面の例(黒ベタ中の円形(直径 1mmの円)の抜き印刷)
従来品(左)と比較し、高ダインインキ(右)は、美しい印刷境界線が実現されています。
ガラス用高ダインインキ

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

4. 透過色の印刷時に発生する透過不良問題の解決

従来品にない高い透明度を持つインキによる透過不良問題の解決:

スモーク印刷や I R 透過印刷等で発生する透過不良の原因は、以下の4つが考えられます。

1) 使用される顔料の粒子
2) 塗膜のレベリング
3) 高膜厚
4) インキの粘度変化

高い透明度を持つMIX-HF·TOC-HFは、上記原因を解決し、高品質の透過印刷を実現します。

なお、各インキの透過率とヘイズ値は以下の通りです。

インキ名 透過率 ヘイズ値
MIX-HF メジウム90.7%0.7%
TOC-HF メジウム89.4%0.6%

 

使用例:

スマートフォン、タッチパネル、自動車メーター

 

カーナビ等の表示部材
(グレー色の印刷と高い透明性の両立)
透明インキ

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

5. スクリーン印刷時の塗膜の斑ムラの解決

斑ムラの原因となるインキの物性変化を抑え、高品質を実現する高精彩インキ:

メタリックやパール材の印刷時は、インキの粘度変化やスキージから版上にインキが垂れる事で、 メタリック粉やパール粉の密度や配向が変化し、塗膜に斑ムラが発生することがあります。

しかし、高精彩インキはメタリックやパールを含んでも優れた物性値を維持するため、ムラの無く印刷する事が可能です。

使用例:

スマートフォン、タッチパネル、自動車メーター

 

パールインキを印刷した例(背面からの光のため黒く見えます。)
従来品(左)に斑ムラが確認される。高精彩パールインキ(右)は塗膜が均一。
漆黒

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

6. 優れた日焼け止めクリーム耐性を持つクリアーのご紹介

JS-HF 70317 FT クリアー(試作品)の持つ優れた特徴:

・被印刷体 ポリカーボネート、アクリル
・日焼け止めクリームや乳酸等の薬品に対し、高い耐性を有します。
・成形時に300%の伸びが可能です。
・二段階硬化型 のクリアーになります。
 プレキュア : 熱乾燥 8 0℃/ 6 0 分
 成形 :真空成形 、超圧空成形
 アフターキュア: 積算光量 250~300mJ/cm2、ピーク強度 3 50mW/cm2

使用例:

自動車内装

 

日焼け止めクリーム耐性が無いために塗膜が白く侵されている。

 

日焼け止めクリーム耐性の持つクリアーにより影響なし。

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

7. 高精彩インキの持つ「7つの便益」のご紹介

便益 1. 微細印刷性

表現・デザインを綺麗に高解像に実現します。100µmの毛髪程の微細なラインを100µm~116µmの精度で印刷します。

従来インキ(左)(上)線幅50µmと微細なため文字が滲みます。
高精彩インキ(右)(下)線幅50µmの微細文字も印刷可能です。
高精彩インキの比較 高精彩インキの比較

 

便益 2. ベタと細線の同時印刷

高精彩インキでは、ベタ·細線·グラデーションの同時印刷が可能なため、製版数·工数の低減による大幅なコスト削減が可能となります。

ベタ-細線(30µm)-ベタ-グラデーションを同時に印刷した例

 

便益 3. ソーエッジ対応性

10µm以下のソーエッジで、凸凹のない綺麗な直線や真円を実現可能です。

下記はスマートフォン窓枠の抜き印刷(直径 1mmの円)の例です。
従来品(左)の印刷境界線には凸凹が発生しています。
一方、高精彩インキ(右)は美しい印刷境界線を実現しています。

 

便益 4. 連続印刷性

高精彩インキは、生産効率向上と不良率低減を両立します。100µm~116µmの微細印刷でも1500枚の連続印刷が可能です。

従来インキ(左)(上)300枚目で飛び散りが発生しています。
高精彩インキ(右)(下)1500枚連続印刷をしても安定して仕上がります。
高精彩インキの比較 高精彩インキの比較

 

便益 5. 高速印刷性

高精彩インキは、100µm~116µmの微細印刷でもシリンダー印刷機により 800~1500枚/時の高速印刷が可能です。

 

便益 6. 再印刷性

版上にインキを被せ 1時間放置しても再印刷が可能です。印刷作業の中断時の手間の削減など作業性が大幅に向上します。

従来インキ(左)を版上30分間放置後。 高精彩インキ(右)を版上放置1時間

 

便益 7. 刷版洗浄回数の削減

高精彩インキは、従来品と比較して刷版の洗浄回数を5分の1程度まで削減が可能です。(従来品:300枚印刷で刷版の洗浄1回程度。 高精彩インキ:1500枚印刷で1回程度)

安定した印刷で、刷版の洗浄回数5分の1に削減!

 

 

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

電話でのお問い合わせ

03-3800-9911

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日を除く)

PAGE TOP