帝国インキ製造株式会社

メニュー

EVENT

イベント情報

CEATEC JAPAN 2016 出展レポート

開催概要

CEATEC JAPAN 2016 は、データ駆動型また情報活用型社会到来に向けたテクノロジ―を一堂に会した展示会です。

当社は、2016年7月に発表した高精彩インキ(高品位・高精細スクリーンインキ)を中心に 最新の印刷・インキの技術をご紹介致しました。
1. 高精彩インキシステムを用いた印刷、成形品
2. 自己修復クリアー、耐薬品クリアー、光加飾システム、他

期 間: 2016.10.04 ~ 10.07
会 場: 幕張メッセ
公式HP: http://www.ceatec.com/ja/

CEATEC JAPAN 2016

出展内容の一覧

  • 1. 高精彩インキの優れた加飾性のご紹介
  • 2. 高精彩インキの優れた印刷品質のご紹介

出展内容のご紹介

1. 高精彩インキ(高品位・高精細スクリーンインキ)の優れた加飾性のご紹介

美しいベタ・超細線・高精度グラデーションの同時印刷の実現:

従来のスクリーン印刷では、100µm(=0.1mm)の細線印刷、130線での階調表現の実現は困難でした。 しかし、高精彩インキは、それら単体で実現するだけでなく、一つの製版でベタと同時に印刷することも 可能にしました。

使用例:

自動車内装、家電、スマートフォン

 

175線で印刷した超高精度なグラデーションシートとその成形物です。
175線で印刷した超高精度なグラデーション
微細な模様(0.15mmの変形スピンが柄)を印刷した成形物の事例です。
微細な模様(0.15mmの変形スピンが柄)を印刷した成形物

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

2. 高精彩インキの優れた印刷品質のご紹介

凹凸の無い非常にスムーズな印刷境界線を実現する優れた印刷品質:

従来のスクリーン印刷では、印刷境界線部分にのこぎり状の凹凸が発生する問題がありました。 高精彩インキはこの問題を解決し、業界の常識を覆すスムーズな印刷境界線を実現しました。

使用例:

自動車内装、家電製品、スマートフォン

 

ガラス上に黒の窓枠と直径1mmの真円の抜きを印刷し、顕微鏡で撮影。
高精彩インキの優れた印刷品質1
従来インキ(左)は、印刷境界線にギザギザが発生しています。
高精彩インキ(右)は、美しい印刷境界線を実現しています。
高精彩インキの優れた印刷品質2

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

3. 電子部品のコスト削減に貢献する高精彩インキのご紹介

プリンテッドエレクトロニクス分野に応用可能な微細印刷性:

高精彩インキは、フォトレジスト等の大きな投資が必要な工法を小規模で安価な スクリーン印刷に代替する技術でもあります。

高精彩インキでは、100µm未満の超細線も条件次第で安定して印刷可能です。 エレクトロニクス関連でコスト削減をお考えの際は、一度ご相談下さい。

使用例:

電子デバイス部品

 

滲みや欠損の無い100µmレベルの細線印刷の例(抜き印刷も可能)
M技術
歪みや凹凸の無い均整の取れた格子の印刷例。
軽量化に最適なPP樹脂部材の加飾性を向上させるFIM技術

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

4. 自己修復クリアーインキのご紹介

使用傷を修復し、新品のような美しさの実現:

この自己修復クリアーインキは、商品の使用時に発生する表面のひっかき傷や摩耗傷を塗膜の持つ 自己修復機能で目立たなくし、新品のような状態を長く維持する表面保護用のクリアーです。

塗膜の持つ高い弾性力を滑り止め機能に応用することも可能です。

使用例:

自動車内装、家電製品、スマートフォン

 

自己修復クリアーの印刷が無い表面は金ブラシによる傷で乱反射が発生しています。
自己修復クリアーインキ1
自己修復クリアーを印刷した表面は新品のような光沢を維持しています。
自己修復クリアーインキ2

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

5. 薬品耐性に優れたクリアーのご紹介

自動車内装の高い耐性基準に応える薬品耐性を実現:

自動車内装に求められる高い薬品耐性に対応可能なクリアーです。日焼け止めなど浸食作用の強い薬品に対しても強い耐性を持っています。 経年劣化が激しい人の手に触れる部位に使用することで、デザイン性と美しさの持続性を両立させることが可能です。

使用例:

自動車内装、家電製品、スマートフォン、タッチパネル

 

従来のクリアー(左)は、日焼け止めクリーム(ニュートロジーナ)による浸食が見られます。
耐薬品クリアー(右)は、全く浸食が見られず美しい光沢を維持しています。
耐薬品クリアーの優れた耐性

※ご紹介したインキ・工法・試作品についてのお問合せはこちらから

6. 光の反射や透過機能を応用した光加飾システムのご紹介

反射光の干渉や透過光の波長を制御することで新しい表現の実現:

反射光を制御して干渉させることで虹色など独特な表現が可能になります。この技術はセキュリティ分野に応用が可能です。

またIR透過インキは、透過光の波長を赤外線から可視光線まで制御が可能です。透過光の波長を工夫することで、バックライト照射時のみ デザインを表示させるなど動的なデザインが可能になります。

使用例:

自動車メーター、家電の表示板

 

正面からの光の照射により独特な光沢を表現した例
軽量化に最適なPP樹脂部材の加飾性を向上させるFIM技術
バックライト照射時にキーボードが浮かび上がる仕掛けをした例
軽量化に最適なPP樹脂部材の加飾性を向上させるFIM技術

電話でのお問い合わせ

03-3800-9911

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日を除く)

PAGE TOP