トップページ > イベント情報 > CMM JAPAN & JSP 2007 出展レポート
イベント情報

CMM JAPAN & JSP2007 出展レポート

開催概要

CMM JAPAN &JSP2007  

“人”、“資本”、“技術”の融合が生み出す新たな価値の源泉にあるのが「コンバーティング」と「スペシャル・プリンティング」です。「コンバーティング機材・特殊印刷展」(CMM JAPAN&JSP)は、それらが一堂に会し、技術を生み出し操る人々の交流を図る場です。
当社からはフィルムインサート成形用(FIM)インキ・環境対応インキのご紹介や、成形時の失敗事例と対策のご提案など、ユニークな視点から商品・事例を多数出展いたしました。
・期間:2007.4.25(水)〜4.28(土)
・会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
・主催:株式会社加工技術研究会
・公式HP:
 http://convertechjapan.com/2007/j/index.html
※参考資料(pdfファイル
新製品ISXシリーズ ご紹介@新製品ISXシリーズ ご紹介A環境への取り組み情報

 

出展内容一覧

新製品『ISXインキ』のご紹介、 成形用インキの使用例、IR透過インキ、帯電防止機能付きアンチグレアクリアー、隠し印刷、拡散インキ等、出展した製品を数点ご紹介させていただきます。
新製品『ISXシリーズ』 成形用インキの使用例 IR透過インキ
新製品『ISXシリーズ』 成形インキの使用例 IR透過インキ
アンチグレアクリアー 隠し文字印刷 拡散インキ
帯電防止機能付きアンチグレアクリアー 隠し文字印刷 拡散インキ

 

出展内容のご紹介


ISXインキシリーズ
ISXインキは、1液型乾燥型インキで、高耐熱性と柔軟性を持つ塗膜を形成し、三次元フォーミング加工から、フィルムインサート成形(FIM)まで幅広く対応できます。


特徴
耐候性・耐熱性に優れたカラー設定
高耐熱性を持ち、各種プラスチック成形に対応
仕上がり
セミグロス
環境・安全
環境負荷物質(重金属、ベンゼン、トルエン、キシレン、イソホロン)不使用
新製品ISX伸び見本 フィルムインサート成形(FIM)を用いた新しい加飾方法を提案します。

製品具体例
易接着処理PETフィルム/PCシート/ダミー印刷物
自動車内装部品/家電製品/携帯電話筐体
フィルムインサート成形(FIM)用インキの使用例
車の内装パーツ部分にも当社のフィルムインサート成形用インキがたくさん使われています。

特徴
耐熱・耐圧性に優れ、後加工性が良好
射出樹脂との密着性(接着性)が良好
各種性能
耐候性低カール性
耐インキ流れ性
1液加熱乾燥で、作業性効率化
バインダー不要タイプもございます。
環境・安全
環境負荷物質(重金属、ベンゼン、トルエン、キシレン、イソホロン)不使用
低臭気
労案法、PRTR法に該当する溶剤を一切不使用
TSCA、EINECS登録済み
成形用インキの使用例


仕上がり製品具体例
豊富なカラー設定
セミグロス
メーター
トルコン
IR透過インキ印刷品
リモコン等から発せられる赤外線(IR)のみを透過させ、その他の光は透過しないことから、リモコンの受光部に使用されます。
インキシリーズも各種用途に合わせて選定が可能です。

特徴
800nm以上の赤外線のみを透過します。
各種カラーバリエーションに変化させることで今までデザインの邪魔をしていたことを払拭できます。
フィルムインサート成形(FIM)にも対応可能です。
パール顔料が入ったIR透過インキ
目立っていたIR受光部に新たなデザインの可能性を付与します。

用途 製品具体例
インキのタイプを変えることで様々な原反に使用できます。 TVリモコン受光部
携帯電話IR受光部
コンピューターのIR通信部
UVアンチグレアクリアー
提供:旭硝子株式会社

UVインキにて印刷速度の向上が可能。

特徴
帯電防止機能をつけたインキもあり、静電気による埃を寄せ付けません。
傷つきにも鉛筆硬度2Hの耐性があります。
帯電防止機能付きアンチグレアクリアー

用途 製品具体例
PC、PETに有効活用。 建材(衝立パネル、壁等)
隠し文字印刷
隠し印刷技法を活用することで、普段は隠しておきたいマークや表示などをバックライトを使用し浮かび上がらせることが可能です。

バックライトを使用して、デザインの新たな可能性に寄与します。
また、アイデア次第で普段隠しておきたい警告ランプ等を見えなくすることができます。

特徴
印刷技法とインキを組み合わせることで、文字を、色を隠すことができます。
バックライトの輝度を変えることで様々な表現が可能です。
隠し文字印刷

用途 製品具体例
インキのタイプを変えることで様々な原反に使用できます。 家電
自動車部品
拡散インキ印刷品
大量生産が基本の拡散フィルムに比べて、量やデザインを問わずに生産できます。

特徴
印刷のバリエーションにより、きめ細かい光の拡散量の調整が可能。
拡散インキ印刷品

用途 製品具体例
インキのタイプを変えることで様々な原反に使用できます。 ディスプレイ内部
自動車内装
お問合せ

詳しい資料をご用命の際は以下へご連絡下さい。

帝国インキ製造(株)
受付時間:9:00〜18:00
(土・日・祝日を除く)
TEL:03-3800-9911
FAX:03-3800-9919
お問合せフォーム お問合せフォーム