トップページ > イベント情報 > CEATEC JAPAN 2007 出展レポート
イベント情報

CEATEC JAPAN 2007 出展レポート

開催概要

アジア最大級の規模を誇る映像・情報・通信の国際展示会『CEATEC JAPAN 2007』は、20万人を超える過去最高の来場者数を記録し、盛況の内に幕を閉じました。
・期間:2007.10.2(火)〜10.6(土)
・会場:幕張メッセ
・主催:
社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
[公式HP] http://www.ceatec.com/2007/ja/visitor/

出展内容のご紹介

■製品デザイナーの皆様への出展内容のご紹介

1.新しいガラス印刷のご紹介
従来のガラス印刷に比べ、より発色が豊かに、色のバリーエーションも豊富になりました。
●ガラス印刷

インキ名: GLS
使用原反: 強化ガラス

※ご紹介したインキ・工法・試作品についての お問合せはこちらから

2.光透過機能のご紹介
●光透過とブラック印刷物
透過させる光を調整することで、光の有無による動的な表現が可能です。


真っ黒に見えますが...

実は鮮やかな色が印刷されています!
インキ名:GLS,MRX
使用原反:強化ガラス、
ハードコートアクリル
●パールを加えた新たな光透過色
今までに無い光の透過色が表現できます。

※ご紹介したインキ・工法・試作品についての お問合せはこちらから

3.「視認性+触感」・・・フロッキー印刷のご紹介
フロッキー印刷を行う事で、今までにない新しい触感や立体感を実現する事ができます。思わず手に取ってみたくなる、新感覚の表現です。
●フロッキー成形品

特殊粘着剤

※ご紹介したインキ・工法・試作品についての お問合せはこちらから

4.FIMによる多色提案
従来の成形塗装では単色が基本でしたが、FIM製法により多色の一体成形が可能となりました。
●FIM(Film Insert Molding)の実例


インキ名: IPX,ISX,IMB
使用原反: PC、PET、PMMA

※ご紹介したインキ・工法・試作品についての お問合せはこちらから

■購買、資材、設計のご担当者様への出展内容のご紹介

5.工程変更によるコスト削減
●複数の部品を一体化
「複数ある部品を一体化」「単色での塗装を多色で一体化」が可能になり、従来は困難であった工程変更でのコスト削減が実現出来ます。

インキ名: IPX,ISX,IMB
使用原反: PC、PET、PMMA
※具体的なご対応については当社の担当営業が承ります。
こちらの お問合せフォーム よりご相談下さい。
6.海外生産への対応
●現地調達によるコスト削減
お客様の海外工場において、当社の海外拠点から直接インキを調達することで輸送の時間・コストの圧縮が可能となります。(イメージ図は当社中国拠点を利用した例)

※ご紹介したインキ・工法・試作品についての お問合せはこちらから

>
お問合せ

詳しい資料をご用命の際は以下へご連絡下さい。

帝国インキ製造(株)
受付時間:9:00〜18:00
(土・日・祝日を除く)
TEL:03-3800-9911
FAX:03-3800-9919
お問合せフォーム お問合せフォーム